社会

    pose_peace_sign_man


    1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/11(水) 16:22:13.11 ID:QVotCK1h9

    12/11(水) 14:30配信  オリンコンニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000351-oric-ent

    住宅ローン専門金融機関のアルヒのデータをもとに住宅専門家が厳選した1都3県の『本当に住みやすい街大賞 2020』が11日に発表され、川口(埼玉県)が1位を獲得した。昨年1位だった赤羽(東京都)が2位、3位にはたまプラーザがランクイン。あわせて発表されたシニア編は木場が1位となった。

     『本当に住みやすい街』は東京、神奈川、千葉、埼玉を対象に、住環境、交通利便、教育環境、コストパフォーマンス、発展性の5つを選定基準に選定されている。

     昨年4位だった川口は、都内へのアクセスが良いことに加え、地価や物件価格がリーズナブルなことや商店街の再開発の進行で、さらなる利便性への高まりの期待から大賞に選ばれた。

    ■『本当に住みやすい街大賞2020』
    1位:川口(埼玉県)
    2位:赤羽(東京都)
    3位:たまプラーザ(神奈川県)
    4位:柏の葉キャンパス(千葉県)
    5位:入谷(東京都)
    6位:王子(東京都)
    7位:武蔵小金井(東京都)
    8位:小岩(東京都)
    9位:ひばりヶ丘(東京都)
    10位:東雲(東京都)

    ■『本当に住みやすい街大賞2020』シニア編
    1位:木場(東京都)
    2位:大泉学園(東京都)
    3位:平塚(神奈川県)





    【【調査】『本当に住みやすい街2020』1位川口 2位赤羽 3位たまプラーザ 】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2019/12/05(木) 22:01:10.10 ID:DoEHDAQ/9

     京都府警南署は5日、強制性交の疑いで、京都市西京区、大学生の男(20)を逮捕した。

     逮捕容疑は11月16日午後5時45分ごろ、京都市南区のショッピングモールの室内遊園地で遊んでいた女児(5)を近くの倉庫に連れて行き、わいせつな行為をした疑い。女児にけがはなかった。

    同署によると、容疑者は遊園地のアルバイト店員で、「やった行為に間違いはない」と容疑を認めている。女児はこの遊園地を何度か利用しており、この日は父親と来ていた。容疑者と一緒に遊びながら倉庫に連れて行かれたといい、帰宅後に家族に話して発覚した。

    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/93386




    【お父さんと遊園地にきた女児(5)、遊園地アルバイトの大学生に強制性交される】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/30(土) 08:45:32.76 ID:quKt2bSm9

    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/4/e4533_1585_f4338016078553bedeacc34741cd7632.jpg

    1998年7月25日に発生した和歌山毒物カレー事件(夏祭りの屋台のカレーに毒物が混入され、4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒となった事件)で逮捕・起訴された林眞須美死刑囚。
    林眞須美死刑囚の長男・林さんは当時10歳だった。林さんは、両親が逮捕された日のことを今でも鮮明に覚えているという。

    SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』(AbemaTV ※毎週土曜21時から放送中)は、『ある日突然、犯罪加害者家族になりました。』が今回のテーマ。
    “犯罪加害者”の家族が、これまでの過酷な体験を赤裸々に明かした。
    「父親と母親がそれ(=カレー事件)以前に保険金詐欺をやっていて、逮捕された」と話す林さん。林眞須美死刑囚は、1998年12月にカレー事件で再逮捕された。

    逮捕前からも疑惑の目を向けられていた林さんの自宅には、事件発生直後からマスコミが押し寄せていた。
    マスコミに向けてホースで放水している林眞須美死刑囚の姿が有名だが、林さんは「ホースで水を撒いてるだけが母親じゃないよって伝えていきたい」と声を震わせた。

    「実子から見て林眞須美死刑囚はどのような母親であったか」という質問に、林さんは「教育熱心でした。もし親から虐待とかされていたら、僕はこういう活動ってしていないと思うんです。
    思い出せば出すほど、幸せな記憶しか残ってない」と答えた。

    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/8/48304_1585_addf1346230f1a70f161cad76d9a1fb0.jpg

    林さんは2019年夏に著書『もう逃げない。今まで黙っていた「家族」のこと』を刊行。
    事件の影響により苦境に立たされることが多かった半生、一方で確かに両親が犯した保険金詐欺の事実に向き合い、自分の人生をリスタートしていければという思いで筆を執ったという。

    1998年に起きたカレー事件当時、10歳だった林さんは、その後加害者の長男として、壮絶な人生を歩んできた。

    事件発生後は、マスコミが家の中の様子を探るため、林さんに「アイスクリームを買ってあげるよ」「芸能人のサインを貰ってきてあげる」などと言ってきた。
    報道が加熱していく一方、夏休み明けには同級生から「林くんとは遊んじゃダメだってお母さんに言われた」と距離を置かれるようになる。
    しかし、母親は「やっていない」と言い続けていたため、友人たちに距離を置かれる現実がまるで理解できなかった。
    両親の逮捕直前にはマスコミが集まり、学校や塾にはほとんど行けない状況で、家の中で過ごす日々が続いた。
    そして同年10月4日の早朝、林さんの両親が逮捕された。
    子どもたちには、自宅に来た女性警察官が「児童相談所に行くから荷物を1~2週間分まとめるように」と告げた。
    林さんは1週間程度で自宅へ戻れると考えていたが、結局すぐには戻れなかった。

    両親が保険金詐欺で数億円を詐取していたこともあり、生活的には裕福だった林家。
    林さんたち4人きょうだいは、自らの非行で児童相談所に入ってくるような子どもや、親に虐待されて育った子どもたちと暮らすことになる。

    犯罪者の家族にだったら何をしてもいい、何を言ってもいい」と捉えた人たちから「生まれて初めて悪意のこもった暴力を経験した」と述べる林さん。
    林さんはそれまで喧嘩をしたことがなかったため、いじめてくる子どもたちには勝ち目がなく、一方的かつ理不尽な暴力に曝され続けた。これには職員も見て見ぬふりだった。
    さらに「ポイズン(=毒)」「サラブレッド(犯罪者2人の息子としての悪い意味)」というあだ名で呼ばれたり、ニキビが1つできるだけで「ヒ素の後遺症じゃないか?」と貶された。

    長女の意志によって、きょうだい4人は全員同じ施設に来たが、児童相談所では男女別々の部屋になる。
    そのため、長女と次女、三女は同じ時間を過ごすことができても、長男である林さんは部屋が違ったため、いじめの対象になりやすかった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17457140/
    2019年11月30日 7時30分 AbemaTIMES





    【「和歌山カレー事件」林眞須美死刑囚・長男の壮絶すぎる半生】の続きを読む

    business_ojigi_woman


    1: シャチ ★ 2019/11/28(木) 20:30:33.93 ID:FT0szYmK9

     滋賀県警草津署は28日、強盗致傷の疑いで滋賀県栗東市、大学生の男(20)を逮捕した。
     逮捕容疑は、10月5日午後5時~同6時半ごろ、栗東市内のホテルで、デリバリーヘルスで派遣された女性(58)に自身が支払ったサービス料2万円を奪い、
    被害に気付いて廊下まで追い掛けた女性を突き飛ばし腕や膝に軽傷を負わせた疑い。


    11/28(木) 18:39配信京都新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00188441-kyt-soci





    【【悲報】デリヘル嬢(58)に支払った2万円を強奪。大学生男(20)を逮捕】の続きを読む

    monster12
    1: ばーど ★ 2019/11/27(水) 10:12:43.54 ID:nOFioycJ9

    今朝のめざましテレビで放送

    営業所向かいの建物上階から撮影したとみられる動画
    撮影者の「これ訴えられるじゃないですか、証拠になる」の音声
    男性を二度蹴る、トラックのドアを蹴る場面で他の従業員は止める様子なし
    弁護士によると暴行罪と脅迫罪が成立する可能性
    ヤマト広報は動画は確認、現在事実確認中。適切に対応するとのこと






    【【悲報】ヤマト運輸営業所で暴力・暴言「ぶち○すぞおまえ」従業員蹴る…動画流出】の続きを読む

    このページのトップヘ